あらゆるメーカーの各種フィルム培地に対応!
シンプル操作と高い作業再現性で試験精度の向上に貢献します!

フィルム培地対応 微生物検査前処理装置│株式会社ピーエムティー

フィルム培地対応 微生物検査前処理装置は、食品微生物検査などの品質管理工程における前処理工程を自動化する装置です。

ストマック袋に検体を入れ、装置にセットするだけで、検体の秤量、検体の重量に応じた希釈液の分注、ストマッカー処理、段階希釈、フィルム培地への滴下、スプレッド処理までを自動で実施。

高度な手作業を必要としない簡単な操作で、高い正確性と再現性をお約束します。

フィルム培地対応 微生物検査前処理装置の特徴

1. シンプル操作を追求

装置に検体とフィルム培地をセットし、制御用PCから運転開始ボタンを押すだけで、一連の工程を自動で行います。

オペレーターの技能や熟練度を問わないシンプルな操作によってヒューマンエラーを低減し、作業効率の向上に貢献します。

2. 高い汎用性

ソフトウェアは多様な段階希釈、播種枚数などに対応。

フィルム培地も各メーカーの製品に対応しているため、お使いの培地を変更する必要はありません。

工程フロー

検体の採取(オペレーター作業)

フィルム培地対応 微生物検査前処理装置―(1)検体の採取│株式会社ピーエムティー

検体10~25gをストマック袋に採取し、専用のクリップを装着します。

装置に秤量機能が附帯しているため、ここでは正確な計量は必要ありません。

装置にストマック袋をセットし、スタートボタンを押します。

STEP
1

検体の秤量→希釈液の添加

フィルム培地対応 微生物検査前処理装置―(2)検体の秤量→希釈液の添加│株式会社ピーエムティー
フィルム培地対応 微生物検査前処理装置―(2)検体の秤量→希釈液の添加│株式会社ピーエムティー

検体を秤量します。

秤量値に応じて1/10希釈調製液となるように希釈液を添加します。

STEP
2

ストマッカー処理→希釈試料液の調製

フィルム培地対応 微生物検査前処理装置―(3)ストマッカー処理→希釈試料液の調製│株式会社ピーエムティー

ストマッカー処理による均一化を行い、1/10希釈試料液を調製します。

ストマック時間は任意に設定できます。

STEP
3

試料液の採取→段階希釈

フィルム培地対応 微生物検査前処理装置―(4)試料液の採取→段階希釈│株式会社ピーエムティー
フィルム培地対応 微生物検査前処理装置―(4)試料液の採取→段階希釈│株式会社ピーエムティー

試験管にSTEP3で調製した1/10試料液を分取し、段階希釈を行います。

希釈倍率は10-1~10-5 まで任意に設定できます。

STEP
4

印字(オプション)

検体名、希釈倍率(乗数)、実施日時、オペレーターなどの情報をフィルム培地上(端部)に印字します。
※印字機能はオプションです。

STEP
5

フィルム培地への播種

フィルム培地対応 微生物検査前処理装置―(6)フィルム培地への播種│株式会社ピーエムティー

試料液をフィルム培地に滴下します。

フィルムの種類によってスプレッド処理を行うこともできます。

STEP
6

培養・判定(オペレーター作業)

フィルム培地対応 微生物検査前処理装置―(7)培養・判定│株式会社ピーエムティー

フィルムを取り出し、インキュベータで培養します。

STEP
7

Movie

製品仕様

型式FC-02
対応培地フィルム培地(メーカー不問)
培地セット数最大3種類 × 30枚
培地展開時N数1~3(任意設定)
ストマッカー処理ストマック袋:サニスペックテストバッグ推奨
一度にセッティングできる検体数:最大10
検体重量10~25g
秤量精度±0.1g
希釈分注精度±0.01mL
試験管φ16 × L150mm
希釈倍率10-1~10-5(5段階)
処理時間約4分30秒(以下の条件時)
ストマッカー処理時間:20秒
10-2の試料液を2種類の培地にN=2で播種
オプション印字ユニット(インクジェット)
本体寸法W1902 × D767 × H2000mm
重量約500kg(制御用PC除く)
電源AC100V±10% 50/60Hz 12A

お問い合わせ

お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

埼玉県入間市にある当社関東事業所(旧・株式会社ライフテック)では、秤量・分注・遠心分離など多岐にわたる要素技術を組み合わせ、微生物検査前処理装置など、ライフサイエンス分野の自動化を支援する様々なシステムを設計・製造しています。

同じカテゴリーの製品