寒天培地による微生物検査の前処理を自動化!
シンプルな操作と高い分注精度で試験精度の向上に貢献します!

寒天培地対応 微生物検査前処理装置│株式会社ピーエムティー

寒天培地対応微生物検査前処理装置は、食品微生物検査などの品質管理工程における前処理工程を自動化する装置です。

食品衛生検査指針に定められている、寒天培地を用いた方法に対応。

汚染指標菌検査(細菌数検査)における検査試料の希釈から培地の分注・混釈までを自動で行います。

寒天培地対応 微生物検査前処理装置の特徴

1. シンプル操作を追求

装置にシャーレや検体、寒天培地をセット。その後、制御用のPCで希釈率などの条件を設定し、スタートボタンを押すだけで希釈試料液の調製からシャーレ内での混釈までの工程を全自動で行います。

オペレーターの熟練度を問わないシンプルな操作によってヒューマンエラーを低減し、作業効率の向上に貢献します。

寒天培地対応 微生物検査前処理装置―自動化されるプロセス│株式会社ピーエムティー
微生物検査前処理装置で自動化されるプロセス

2. 高い分注精度

希釈率は任意に設定でき、最大8段階の希釈が可能です。

また、検体:±1%以下(1mL時)希釈液:±0.5%以下(9mL時)という分注精度により、高い操作再現性を実現します。

工程フロー

検体の採取(オペレーター作業)

検体を採取し、試料原液の調製を行います。

STEP
1

希釈試料液の調製

試料原液を希釈して希釈試料液を調製します。
希釈率は8段階まで任意に設定できます。

STEP
2

印字

印字ユニットによって、シャーレにサンプルのロット番号や日付などの情報を印字します。

STEP
3

試料液の分注

シャーレに希釈試料液を分注します(シャーレ蓋の開閉は自動で行われます)。
HEPAフィルターを通したクリーンエアーを供給するブース内操作でコンタミリスクを解消します。

STEP
4

寒天培地の分注・混釈

各シャーレに寒天培地を分注します。
培地の保温機能や混釈機能を標準搭載しており、最大3種類の培地に対応します。

STEP
5

培養・判定(オペレーター作業)

STEP
6

製品仕様

対応培地寒天培地
希釈率任意設定可(最大8段階)
処理能力約100分(以下の条件時)
10検体 希釈率:10-7 N=2
培地のコンタミ確認用として、検体播種開始前と終了後に培地のみのシャーレをN=2で作成
運転終了時、シャーレ計24枚
主要機能(標準装備)振とう機
希釈分注機
培地分注機
混釈ユニット
検体分注ユニット
印字ユニット
本体寸法W1600 × D900 × H1900mm(突起部を除く)
重量700kg
電源AC100V(15A)

お問い合わせ

お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

埼玉県入間市にある当社関東事業所(旧・株式会社ライフテック)では、秤量・分注・遠心分離など多岐にわたる要素技術を組み合わせ、微生物検査前処理装置など、ライフサイエンス分野の自動化を支援する様々なシステムを設計・製造しています。